2020年7月コラム

2020年7月コラム

韮崎市の住宅に対する助成について


韮崎市では今年度も住宅の新築や改修工事に対して様々な助成を行っているので紹介いたします。

『韮崎市持家住宅定住促進助成事業(韮崎市住まいるマイホーム)』では、韮崎市に定住することを目的として令和2年4月1日以降に住宅を取得または増改築した方で、住宅の取得または増改築リフォーム後6ヶ月以内に居住を完了されている方などを対象に助成されます。助成金額は建物や住所の要件などで異なりますが、市外からの転入者や子育て世帯には助成額が加算されていて、30万円から90万円までが助成されます。

『空き家バンク登録物件リフォーム補助金』では、空き家バンクに登録された空き家で、韮崎市内に本社などを有する事業者によって行なわれる修繕・模様替え・増築等にかかる工事に対して、リフォーム工事費用の1/2で100万円のうちいずれか少ない額が補助されます。そして家財処分では処分費用の1/2で10万円のうちいずれか少ない額が補助されます。

そして住宅ローンでは『【フラット35】子育て支援型・地域活性化型』を利用することができ、金利が0.5~0.25%引き下げられます。

昭和56年以前に建てられた木造住宅では無料の耐震診断を受けることができ、それを受けて耐震補強を行うときには、耐震設計費用の2/3で20万円までが補助されます。耐震補強工事費用に対しては1/2もしくは2/3で120万円までが補助されます。また、耐震性能不足の住宅の取り壊しには最大10万円が補助されます。

北杜市や甲斐市などでも同様の助成を行っていますが、それぞれ内容や要件が異なります。詳しくは弊社又は各市役所にお問い合わせください。

助成制度を最大限活用することで、より良い住まいをよりお得に手にしてください。

弊社では耐震・断熱リフォーム・建て替え・2030年に標準化されるゼロエネルギー住宅ZEH・省エネ住宅の新築・エコリフォームなど、安心で快適な住まいづくりのご相談に応じておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。