2021年1月コラム

2021年1月コラム用

グリーン住宅ポイント制度が始まりました

この冬は新型コロナウイルスの感染症拡大、さらには日本海側の大雪・太平洋側での少雨など生活を脅かす事象が起こり、先行きが見通しづらい状況になってきています。国では感染症拡大の影響で落ち込んだ経済の回復を図ることなどを目標として、昨年末にグリーン住宅ポイント制度を閣議決定したのでその制度の内容をお知らせします。
この制度は令和2年12月15日から令和3年10月31日までに契約を締結した一定の省エネ性能を有する住宅の新築(持家・賃貸)、一定のリフォームや既存住宅の購入された方に対してポイントを発行します。取得したポイントは一定の要件に適合する商品や追加工事と交換することができます。
高い省エネ性能を有する住宅(ZEH等)の新築には40万ポイント(特例の場合100万ポイント)、省エネ基準に適合する住宅(断熱等級4以上等)の新築には30万ポイント(特例の場合60万ポイント)が発行されます。賃貸住宅の新築では、賃貸住宅のトップランナー基準に適合した全ての住戸で住戸の床面積が40㎡以上のものに対して1戸あたり10万ポイントが発行されます。
住宅のリフォームでは工事の内容に応じて上限30万ポイント(特例の場合上限45万ポイント)が発行されます。既存住宅の購入では空き家バンク登録住宅の購入などに30万ポイント(住宅の除却を伴う場合は45万ポイント)が発行されます。
交換できる追加工事は、「新たな日常」に資するものでワークスペースやビルトイン食洗機の設置、防災に資するもので防災安全ガラスや蓄電池の設置などがあります。ポイントの発行や交換時期については2月に発表される予定です。

グリーン住宅ポイントの他にも住宅ローン減税・すまい給付金・贈与税非課税枠の拡大などの制度があるので、これらを最大限活用してより快適な住まいをよりお得に取得してください。ここでは紙面の都合上詳細までお知らせできないので詳しくは弊社までお問い合わせください。

 弊社はおかげさまで今年創業100年を迎えました。これからも伝統と最新の技術で、より快適で安心・安全な住まいづくりに邁進して参ります。耐震・断熱リフォーム・建て替え・2030年に標準化されるゼロエネルギー住宅ZEH・省エネ住宅の新築・エコリフォームなどのご相談に応じておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。